オリジナルクリスタルトロフィーの作り方

小学校や町内会の運動会、会社内の運動会やスポーツ大会、地方の公式試合に至るまで何かと必要になるのがトロフィーです。ひと昔前までは、ゴールド・シルバーなどのカップスタイルのトロフィーが主流でした。しかし、今では透明のモダンな形状のクリスタルトロフィーを採用するところが多く、トロフィーを販売している業者でも数多く取り扱っています。現在、多種多様な形状のクリスタルトロフィーが販売されていて、希望のものを選びやすくなっています。中でも、専門の販売業者に依頼すれば、大会名や主催者の名前、賞の名称や日付などを刻印するサービスなどもオプションでつけてくれます。そんな、オリジナルクリスタルトロフィーの作り方についてご紹介していきます。社内や町内の運動会・スポーツ大会にぜひご活用ください。

注文・オーダーはどこですれば良いの?

クリスタルトロフィーの作り方ですが、現在は既存の製品を選び刻印ができる、インターネットでの注文が主流となっています。納品は早くても一週間以内なので、なるべく早めにオーダーした方が良いでしょう。日付が差し迫っている場合は、到着日を先に確認しておきましょう。まず形状を選びます。現在は、まさにクリスタルの形をしたシンプルなものから、グラス・カップなど通常のトロフィーがスケルトンとなったタイプ、モダンなオブジェの形のタイプ、何本かの柱が主となるタイプなど、非常にさまざま。大会の趣旨やカラーによって形状を選びましょう。次にサイズです。グランプリ・準グランプリなど、明確に順位がある場合は、大きさに差を付けたり、カラーや形状を変える、というのもひとつの方法です。

文字の刻印やオプションについて

注文する製品の形状や大きさ・サイズを選んだら、次は文字の刻印に関して決めます。大会名・日付・主催者名・賞の名称といったものを刻むことができます。業者によって異なりますが、1文字◯円というように料金が決まっているので、そちらも文面を送る前に確認しましょう。あとは注文する数量と、届く日付を確認して注文をすれば完了です。また、利用したいオプションのひとつに、後日刻印サービスがあります。これは、対応している業者とそうでない業者があるため要確認なのですが、例えば、大会当日にトロフィーを優勝者に渡して、後日優勝者名の名前を刻印したプレートを送ってもらう、というサービスです。この場合、トロフィー本体だけ先に届き、後日刻印プレートを別途郵送してもらうというもの。公式試合などでは特にこういったオプションを利用した方が良いため、注文前に必ず確認するようにしましょう。